Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mangahole.blog64.fc2.com/tb.php/9-1559c21f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「私という猫」~Someone's says dat "I am A cat"

「私という猫」

志村貴子が推薦の帯で、「猫嫌いな人にも読んで欲しい猫漫画です」と
書いてあったので、買ってしまった。

(志村貴子の絵の、すっきり具合とニュアンスたっぷり具合が好き。
すごいと思う。)

で、このマンガはまたタイプの全然違う作風の人(イシデ電)の作品で、
線は太く力強く、大胆に一気に書いている感じで、画面もけっこう黒っぽい。

読んでみてどうかというと、ん~、
たしかに悪くはない。
飼い猫ではなく、野良猫の生態、というより生き様を描いた作品で、
生きるか死ぬか、毎日超絶ハードに生存の危機に常に立ち向かっている姿、
という感じで話が進んでいく。

考えてみれば、猫が嫌いかというとそうでもなく(そんなに好きでもないが)、
猫に限らずペット好きな人間が、おおむね苦手なんだよな。
いや、たぶん、ペット好きで付き合いやすいいい人ももちろんたくさん居るとはおもうけど、
ペット好きがペットを溺愛している姿が、うっとおしいんだよな。
いや、個人の嗜好の自由はかまわない。OK。

ただ、
以前、高橋留美子が「Pの悲劇」という作品だったか?で、
「ペットを好きでない人間は悪い人間なんですか」という名セリフを
作中の人物に吐かせていたが、
それ読んだとき、”我が意を得たり!”と思いましたよ。
膝たたいて喜んでぴょんと飛び上がりましたよ。
そーそーそーいうこと、そーなんです。

世の中にはペット嫌いな人間も居てそれはそれで当然だということを
すっかり忘れているようなペット好きを、人として好きになれない――
つーことなんだわ。
もっと言えばペットに何の関心もない人間も居るんだわ。
この場合、嫌いですらないんだわ。
どーでもいいの。
それはそれで嗜好でしょ?
とやかく言われたくないことなんです。

という意味では、
猫好きのために書かれた猫マンガや、
犬好きのために書かれた犬マンガの役割は、
特に読みたくない気分の時のエロマンガのような位置づけに思えて
(エロならば人生のあるタイミングで、必要になることあるけれども)
ペット欲が欠如、乃至、ほとんど持たない人間にとっては、
他人が使う道具や嗜好品に見えてしまうわけです、いい悪いではなく。

別な例を探せば、
パチンコを知らない人間にとってのパチンコマンガ、とか?
あれ、読んでも全く意味が分かんないんだよね。

(マンガ評を時々書いている以上、
それだけで完全に切り捨てることができないので、
ピンとこないジャンルであっても、
手にとって見るということは、僕はあるけれども)

「私という猫」から話がだいぶんそれました。
すいません。
このマンガは、家の中で甘やかされた猫を描いていないので、
その意味では、糖分たっぷりの猫好き用猫マンガのような(僕にとっての)読みにくさはないです。

とはいえ、野良猫の人生というものも、
人間にとっては想像の中の世界でしかないわけで、
思い入れして描いていけばいくほど、ファンタジックにもなっていくのだなあ、と思った。
猫の動きは、デフォルメされすぎてなくて、猫らしく飛んだり跳ねたりしていて、
うまいなと思ったけれども。

動物マンガというジャンルも、
掘り下げようによっては奥が深いかもしれないにゃー。
(最後に「にゃー」と言ってみた。)



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mangahole.blog64.fc2.com/tb.php/9-1559c21f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。