FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mangahole.blog64.fc2.com/tb.php/2-5c612e15

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

西岡兄妹「救済の日」の、単行本に解説を書かせていただきました。

西岡「救済の日」

西岡兄妹「救済の日」という作品が、もうすぐ単行本化されますが、
その解説を書かせてもらいました。

書きたいことは確実にあったのですが、いや、ちょっと苦労しました。
実は数日間、家にこもってたのでATTICにも顔出してません。すいません。

この作品は、いつもにもまして強烈な、世界への皮肉に満ち満ちていて、
しかもよく考えるとほとんどバカみたいに滑稽、
という相反する側面を持っているんですが、
今回はある意味で確信犯的にパワーアップしています。

いろんな捉え方があるとは思うのですが、
僕はストレートに、
911以降の世界との関係について、あれこれ書いてみました。

そういえば、今日、911じゃないですか!?

西岡さん(と言ってもお二人の共作ですが)の作品って、
絵は、刺繍か何かのように丁寧で繊細なんだけど、
だから遠くから見ると温かみあるんだけど、
内容は凍りつくように冷たかったりするんですよね。

物語の方にも同様な、不思議な矛盾が織り込まれています。

写真は、本になる前のコピーです。
パジャマ姿の主人公が世界を駆け巡るストーリーですが、
(写真では見えませんけど)親指に赤ん坊が吸い付いている、という
スラップスティックとも言える展開なんですよね。

そうね、西岡作品をもし実写で映画化するなら、
キートンばりに無表情な役者を起用して、
白黒無声映画の時代の空気を取り入れるとすんごくいいかも。

現代のすぐれたストーリー・テラー、あるいは大人のための童話を生み出している、
西岡兄妹さんの作品に、一文書かせていただくのは、すごく光栄なことでした。

本が出たら、読んでみてね!

※西岡兄妹ホームページ
http://www.ztv.ne.jp/bro-sis/
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mangahole.blog64.fc2.com/tb.php/2-5c612e15

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。