Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mangahole.blog64.fc2.com/tb.php/13-c9fe3b3c

-件のトラックバック

[T1] 私書箱

池袋の私書箱の紹介です

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

韓国のマンガを買ってみました

いや~、韓国滞在中に、いろいろとマンガのことを書こうと思っていたのですが、
これがゼンゼン無理!
あれやこれや忙しく、ネットにつなげなかったり、歩き回ったり、話し込んでみたり、飲んでたり。
だめですね~。

でも、本屋さんで見かけた、ちょっと気になるマンガ本を2、3冊買ってきました。
もちろん、読めません!
乙支路循環線

で、エキサイトのweb翻訳を駆使して、タイトルだけ訳してみました。
「乙支路循環線」
たぶんあってるんじゃないか。読み方は、ウルチロズンファンゾン、かな?自信なし!
日本語読みだと、オツジロジュンカンセン、ですね、どことなく近いです。
調べてみると、http://www.2427junction.com/koreaseoul02.html
こういう名前の路線が実際にありました。

作者のお名前は、(これもエキサイト翻訳によると)ツェホチォルさんです。

で、内容に踏み込めるほど言葉が理解できないのですが、
どうやら、この循環線の周りに広がるいろいろの現代的風景を描く作品のようです。
本の末尾にちらっとだけ載っていたURLを開くと、http://www.gobook2.com/
この本の出版社のホームページがみつかりました。

この本、買ってきて開いてみると、正確にはマンガではなく絵本形式でした。
でも、絵の中にストーリーが流れていて、大ゴマのマンガとして読めるような
なかなか良い雰囲気です。

一時期の羽生生純にも似た、強烈にゆがんだ絵柄が力強く、
これはアタリ!
見開きの絵のはしっこに、絵本のように少しだけハングル文字が書いてあるので、
これから少しずつ読み解いていこうと思います。
まずは絵を眺めるだけでも、結構インパクトあって楽しめます。

ざっと眺めたらATTICに置いときますので、
見たいかたはスタッフに声をかけてくださいね。

楽しみ~~。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mangahole.blog64.fc2.com/tb.php/13-c9fe3b3c

1件のトラックバック

[T1] 私書箱

池袋の私書箱の紹介です

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。