Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mangahole.blog64.fc2.com/tb.php/10-7eadb8b3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

おっさん二人組みにやられました~DUB YOU CRAZY

DENIS & MAD PROFESSOR

このごろ仕事系のことばかりに時間を使っていて、うるおいがなくなっていたので、
行ってきました、デニス・ボーヴェル&マッド・プロフェッサー@Fillmore North。
楽しかった~。

黒人のおっさん二人組みによる、Dub you crazyな夜。
だぶだぶのダブ、真っ盛りの夜でした。
ディレイとリバーブかけすぎだっつうのの、やり過ぎ音楽なんだけども、それがダブ。

クールなダブも好きだけど、ライブだとやっぱり張り切っちゃうんだねぇ。
おっさん達(俺もおっさん)、3時間くらい飛ばしてくれました。
田舎だからって手を抜いてないところに感心。ていうか、音楽を一緒に楽しんでたよー。

デニス・ボーヴェルと言えば、
ワタクシの青春の音楽、スリッツとポップ・グループのプロデューサかなんかだったんだよ。
知ってる人には「またか」のおさらいですが。
当時、UKでは、パンクやニューウェーブの白人系の音楽と、レゲエ、ダブとの重なり合いが起きていて、
とんでもなく新しい音楽が(当時の感覚で)、次々生まれてコーフンしてレコードを買っていた。
まだビニール版しかなかったんすよ。

中でもポップ・グループのファーストは、白人ファンクに過激なダブ処理という、驚愕の(当時)音作りでした。
スリッツも同様で、パンクな下手くそバンドが素敵なダブ(といってもダブそのものではなく、ダブ的発想でという感じか)っぽく料理された、すっきりした傑作アルバム。
擦り切れるくらい聞きました。聞いてきました。

その二つに関わったデニスが来るんだから、おっさん必見!
でも会場には僕の世代は少なかったな~。

デニス、歌うまい。
ベースもっと弾いてほしかったけど、1曲でもひいてくれたからいいけど。

あ~阿呆になってストレスが大分抜けました。
ありがとう、フィルモア・ノース!
ラウンジもたっぷりあって、すごくいいスペースでした。
しばらくクラブから遠ざかっていたけど、
だいぶんメタボった体を引きずって、また時々行くね。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mangahole.blog64.fc2.com/tb.php/10-7eadb8b3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。